エアロネクスト、セイノー、ACSL/ドローン物流市場創出で協業

2021年06月01日 

エアロネクストは6月1日、セイノーホールディングスおよび⾃律制御システム研究所(ACSL)と資本・業務提携を締結したと発表した。

資本面では、セイノーホールディングスをアンカーLPとするLogistics Innovation Fund投資事業有限責任組合と、ACSLのコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)であるACSL1号有限責任事業組合を通じて資金を調達する。

また、業務面ではドローンを活用した物流サービスで3社が提携し、エアロネクストの独自技術と知的財産を土台にした機体を含む包括的なドローン配送サービスの開発力、セイノーホールディングスの幹線・ラストワンマイル物流における実績とネットワーク、ACSLの補助者なし目視外飛行(Level3)の豊富な経験とセキュアで安心なドローンの社会実装の実績を持ち寄り、ドローン物流市場の立ち上げに必要な経済合理性の検証、リーズナブルな価格の機体の提供、機体の安定供給体制の構築と、これによるドローン物流市場の創出に向けて協業していく。

<エアロネクストの物流専用ドローン最新試作機>
20210601aeronext 520x346 - エアロネクスト、セイノー、ACSL/ドローン物流市場創出で協業

エアロネクストは物流分野に注力しており、1月にドローン配送サービスを主事業とする戦略子会社であるNEXT DELIVERYを設立。セイノーホールディングスとは、新スマート物流の事業化で業務提携しており、現在、山梨県小菅村でドローン配送を組み込んだ新スマート物流の推進に共同で取り組んでいる。

一方、機体の開発では独自の機体構造設計技術「4D GRAVITY」をコアに、物流専用機体の研究開発に注力。ACSLと2020年8月に4D GRAVITY搭載の産業用ドローンの共同開発契約および、開発機体の製造・販売に関する4D GRAVITY特許群のライセンス契約の締結を発表後、2021年3月には2022年度の「空の産業革命レベル4」を見据え、共同開発を進めてきた成果として、物流用ドローンの最新試作機を発表している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集