昭和電工/塩素化ポリエチレン値上げ、物流費上昇も一因

2021年06月11日 

昭和電工は6月11日、合成樹脂の一種である塩素化ポリエチレン(商標名:エラスレン)の国内販売価格を引き上げることを決定したと発表した。

価格改定の理由は、昨今の原燃料高を背景とした主原料、各種ユーティリティの高騰、安定生産のための設備維持や環境対応の投資、及び物流費などの諸経費が上昇したことを挙げている。

値上げ幅はエラスレン粉末25円/kg以上、エラスレンシート35円/kg以上。実施時期は2021年7月1日出荷分より適用する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集