LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

昭和電工/苛性ソーダの国内販売価格改定、輸送費上昇も一因

2021年11月26日/生産

昭和電工は11月25日、苛性ソーダの価格改定を行うことを決定したと発表した。

値上げ幅は、20円/kg以上(固形換算値)、実施時期は、2021年12月1日納入分より。

苛性ソーダを取り巻く事業環境は、電力コストの上昇に加え、安全・安定生産のための設備の維持費・補修費や、安定供給を維持するための輸送費の上昇を受け、大変厳しい状況が続いている。さらには、中国の環境規制により中国国内の苛性ソーダ生産設備の稼働が制限されている関係で、アジア域内の需給がひっ迫し、市況急騰の影響も受けている。

同社では、製造原価の低減、経費の削減や物流の効率化等、コスト削減に努めてきたが、安定生産と安定供給を維持するため、顧客にコスト上昇分の一部について負担をお願いせざるを得ないとの結論に達したとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース