ソフトバンク、佐川/国内初、信号機と連携したロボット配送

2021年06月15日 

ソフトバンクと佐川急便は6月15日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」の事業実施者 として、4月下旬に自動走行ロボットによる屋外配送の実証実験を実施し、日本で初めて信号機と連携した屋外配送に成功したと発表した。

<自動走行ロボットと信号機の連携システムの構成>
20210615sagawa 520x268 - ソフトバンク、佐川/国内初、信号機と連携したロボット配送

実証実験では、自動走行ロボットと信号機の連携システムを開発。ロボットが信号機の表示情報を受信し、表示に従って交差点を横断することで、公道を安全に走行しながら荷物を配送した。

また、走行時の荷物の温度変化と段差による衝撃を測定し、ロボットによる配送の有効性を確認。そのほか、スマートフォンのアプリケーションでロボットの現在位置の確認や目的地到着時の通知を受信する機能についても実証を行った。

実証実験は、東急不動産とソフトバンクが最先端のテクノロジーを街全体で活用するスマートシティのモデルケースの構築に取り組んでいる東京都港区の竹芝エリアで実施した。ソフトバンクと佐川急便は、同エリアで2020年12月から自動走行ロボットによる配送サービスを実現するための実証実験を行っており、今後も実用化に向けて実証実験を継続していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集