野村不動産HD/Hacobuと資本・業務提携

2021年06月25日 

野村不動産ホールディングスは6月25日、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンド「NREGイノベーション1号投資事業有限責任組合」を通して、Hacobuと資本・業務提携したと発表した。

<Hacobuの物流向けクラウドサービス「MOVO」>
20210625nomura 520x234 - 野村不動産HD/Hacobuと資本・業務提携

Hacobuが提供する物流向けクラウドサービス「MOVO」のサービスや、業務提携によるオープンイノベーションの取り組みを物流施設ブランド「Landport シリーズ」に導入し、物流ビッグデータの蓄積や活用の普及を図る。

野村不動産ホールディングスは、グループの成長加速に向けた新事業・サービス創発の促進と、革新的な先進技術やサービスを強みとするベンチャー企業との協業を目的として、2018年にNREGイノベーション1号投資事業有限責任組合を設立した。

今回、Hacobuのほか、家電製品等のシェアリングプラットフォームを運営するピーステックラボ、法人向け入退室管理システムを提供するPhotosynth(フォトシンス)の計3社と資本・業務提携しており、同CVCを通じた出資企業は累計6社となった。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集