サンケイビル/米国インディアナポリスで物流施設開発参画

2021年06月25日 

サンケイビルは6月25日、三菱商事の米国子会社である Diamond
Realty Investments, Inc.(DRI)と共同で米国インディアナ州インディアナポリス市における物流施設開発事業に6月1日付で投資したと発表した。

<外観完成予想図>
20210625sankei 520x296 - サンケイビル/米国インディアナポリスで物流施設開発参画

同社が米国で物流施設開発事業に参画するのは今回が初めてとなる。E コマース市場の拡大で今後も物流施設需要が見込めると判断したため、参画に至ったもの。

このプロジェクトは、インディアナポリス市で米国デベロッパーが計画する、地上1階建ての2棟の物流施設開発事業にDRIおよび米国物流デベロッパーCT REALTY との共同事業体にて投資するもの。インディアナポリス市は、「アメリカの十字路」と呼ばれる4本の州間高速道路が集結しており、高速道路物流の拠点となっている都市。この物件は州間高速道路70号のインターチェンジから約2.5kmという好立地にあり、マルチテナント型物流施設として2022年5月に竣工予定。

サンケイビルは、国内においてオフィス、マンション、ホテル、物流施設等、様々な不動産開発事業を積極的に展開している。国内で培った不動産開発ノウハウを活かし、このプロジェクトへの投資を通じて、海外での不動産開発事業のノウハウを蓄積し、今後の海外事業展開に役立てていくとしている。

■物件概要
所在地:アメリカ インディアナ州インディアナポリス Mount Comfort
敷地面積:約37万6358m2
延床面積:(Bldg1)約7万4786m2 (Bldg2)約2万3225m2
構造・規模:S造、地上1階
設計・施工:ARCO DB Companies, Inc.
着工:2021年5月
竣工:2022年5月(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集