ヨコレイ/気仙沼市に1.4万m2のソーティングスポットⅡ竣工

2021年07月15日 

ヨコレイ(横浜冷凍)は7月15日、宮城県気仙沼市に「気仙沼ソーティングスポットⅡ」を竣工したと発表した。

<気仙沼ソーティングスポットⅡ>
20210715yokorei 520x390 - ヨコレイ/気仙沼市に1.4万m2のソーティングスポットⅡ竣工

ソーティングスポットとは、鮮魚を選別・箱詰め・凍結する機能を持った冷凍冷蔵倉庫。

設備には、あらゆる魚種に対応可能な自動選別・凍結ラインを導入。鮮魚の選別から凍結、箱詰め後の積み上げまでの一連の流れを自動化し、作業の省人化・省力化を実現した。

この自動化と同社最大クラスの凍結設備により、この施設では従来と同じ人員数で生産量を約3倍に増加させることが可能となる。また、冷却設備には自然冷媒を使用、屋上には同社最大規模となる太陽光発電システムを設置するなど、SDGsの各種目標達成を念頭に置いた施設となっている。

なお、この施設が位置する気仙沼漁港は、世界三大漁場の1つといわれる三陸・金華山沖に面し、多種多様な水産物が水揚げされる、日本有数の水産基地となっている。

同社は1968年に初代気仙沼冷凍工場を建設し、気仙沼の地へ進出した。現在は2代目となる気仙沼ソーティングスポットⅠが稼働を続けているが、竣工から32年が経過し、設備の老朽化に加え、労働力不足や作業における身体的負担の大きさなどが課題となっていた。

また近年では、水揚げされた水産物の輸出強化のために、生産キャパシティの拡大とより高度な衛生・品質管理が求められていることもあり、新たにこの施設を建設することになったもの。最新設備の導入により、省人化・省力化を進めてこれらの課題に対応するとともに、水産品の輸出事業を強化していくとしている。

■概要
名称:気仙沼ソーティングスポットⅡ
所在地:宮城県気仙沼市川口町 2 丁目 40-1
構造・規模
 冷蔵庫棟:鉄筋コンクリート造2階建て
 選別棟:RC+S ハイブリッド構造平屋建て
敷地面積:1万5792m2
延床面積:1万4670m2
選別棟・冷蔵庫棟:1万4057m2
事務所棟他:613m2
建築面積:1万603m2
冷蔵収容能力:F級 8129t + C 級 鮮魚室
凍結能力:180t (36t×5室)
主な設備:自動鮮魚選別ライン、自動脱パンライン、急速凍結設備(36t×5 室)、省エネ型自然冷媒冷凍機(NH3/CO2 使用)、太陽光発電システム(567.0kW)、リチウムイオン蓄電池(33.8kWh/1 台)、全館LED照明

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集