オープンロジ/化粧品製造業許可を取得する倉庫会社と提携

2021年07月15日 

オープンロジは7月15日、化粧品の保管・出荷に関するEC事業者のニーズに対するサービスレベル向上のため、化粧品製造業許可(包装・表示・保管区分)を取得をしている倉庫会社と提携を開始したと発表した。

昨今、コロナ禍の影響によるインバウンド消費の消失分を海外向けの越境ECで補いたいという動きから、越境ECの物流ニーズが高まっている。

その中で、オープンロジはEC事業者から「化粧品を国内だけではなく海外でも販売したい。倉庫で国内向けと海外向け、それぞれの箱に表示を貼り付ける作業を倉庫で対応してほしい」といった声や、「海外から輸入した化粧品を国内で販売したい」という要望を受けていたが、同社では保管・出荷業務は実施していたものの、化粧品の再包装や表示ラベルを貼るといった作業は化粧品製造業許可(包装・表示・保管区分)が必要なため、対応ができていなかった。

今回、化粧品製造業許可証を取得している倉庫会社と提携することで、単発や小ロット案件からでも化粧品の保管、商品の包装、表示ラベルの貼付対応から国内外の発送まで対応が可能となった。

今後もオープンロジでは、EC事業者の幅広いニーズに対応するため、提携倉庫の拡大とシステム開発を行っていくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集