アート、ヤマトHD/ヤマトホームコンビニエンスがアート傘下に

2021年08月02日 

アートコーポレーションとヤマトホールディングスは8月2日、ヤマトHD傘下のヤマトホームコンビニエンス(YHC)の発行済み株式51%をアートに譲渡することで合意し、7月20日に締結したと発表した。

この株式譲渡に伴い、YHCはアートグループホールディングスの連結子会社となる。

アートは、引越業界のリーディングカンパニーとして、引越を「サービス業」と捉え、顧客の「あったらいいな」を形にした様々なサービスを展開し、顧客から高い評価を受けている。また近年は、引越だけでなく、より良い暮らし方を提案する企業を目指し、事業領域を拡大している。

YHCは、顧客の「手軽で安心な生活空間の移動」を実現する、シンプルで手間いらずの単身者向け引越「わたしの引越」や、大きな家具や家電の配送サービス「家財宅急便」を提供している。

2020年10月に両社は、引越市場の顧客への更なる利便性向上に向けた協業の検討を開始した。約半年に渡る検討と、相互送客や両社が持つ経営資源を活用した協業などを通じて、それぞれの強みを活かすことで荷物の少ない顧客から多い顧客にいたるまで、多様なニーズに応える多彩なサービスが提供可能であること、また両社のネットワークを活用することで、より高品質で効率的な輸送サービスを提供できると判断し、その実現に向け、今回株式譲渡契約を締結したもの。

なお、今後も関係を強化し、両社が培ってきた技術力と品質を融合させ、顧客に「感動」を届けることのできるサービスの提供を通じて、より良い暮らしの実現に貢献していくとしている。

また、コロナ下で急成長したECにおける大物家具・家電の配送をアートグループの新たな事業の柱と位置づけ、ヤマトグループのネットワークと、これまでYHCが培ってきた開梱・設置、回収における高い技術力や優れた品質に、アートが持つネットワークを組み込むことで、さらに利便性の高い、高品質なサービスを構築していく。

さらに、引越領域においては、アートが保有するノウハウとマネジメント力を活かし、YHCの引越事業を高度化していく。

■異動する子会社の概要
名称:ヤマトホームコンビニエンス
所在地:東京都中央区日本橋3丁目11番1号 HSBC ビル6階
事業内容:単身者向けの引越事業、大物家財の輸送事業等
資本金:4億8000万円(2021年3月31日現在)
設立年月日:1985年9月4日
株主及び持株比率: ヤマトホールディングス 100%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集