三菱商事/カナダで水素製造、日本輸出のサプライチェーン構築

2021年09月08日 

三菱商事は9月8日、Shell Canada(シェル)と、カナダ アルバータ州エドモントン市近郊で、CCSを活用した水素製造に係る覚書を締結したと発表した。

<プロジェクト予定地>
20210908mitsubishis 520x360 - 三菱商事/カナダで水素製造、日本輸出のサプライチェーン構築

覚書に基づき、三菱商事は、シェルがエドモントン市近郊のスコットフォードに保有する化学工場隣接地に水素製造設備を建設し、第一フェーズでは、2020年代後半に、年間約16万5000トンの水素を製造し、輸送効率の良いアンモニアに転換後、日本市場へ輸出することを目指す。

水素の製造過程で発生する二酸化炭素は、シェルがアルバータ州で検討・開発中のポラリスCCSプロジェクトにて地下貯留する計画だ。シェルのポラリスCCSプロジェクトは、年間1000万トン以上の二酸化炭素を貯留するCCSにすべく、アルバータ州政府からの貯留権取得を目指すとしている。

同地は、水素の原料となる天然ガス資源が豊富で、かつ地下には二酸化炭素の充分な貯留容量も確認されている。シェルの既存化学工場も隣接する工業地域であり、シェルとの土地共用や設備統合によるコスト削減等の潜在的な相乗効果や、周辺産業との協業の機会等を追求していく。

日本への輸入にあたっては、水素は運搬が容易なアンモニアに転換するが、アンモニアは既に肥料や各種化学品の原料として、運搬・貯蔵等の流通体制が確立している。今年、日本政府の燃料アンモニア導入官民協議会は、燃料アンモニアの導入に係るロードマップを公表し、日本のアンモニア想定輸入量を2030年に年間300万トン、2050年に年間3000万トンとした。

三菱商事は、これまで培ってきた知見を活かし、水素・アンモニアのサプライチェーン構築に貢献していく。また、安定供給と脱炭素化を両立させることで経済価値・社会価値・環境価値を同時に実現し、持続的な成長を目指すとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集