シーネット/クラウドWMSで実績データの長期大量蓄積可能に

2021年10月19日 
関連キーワード:

シーネットは10月19日、クラウド型倉庫管理システム「ci.Himalayas/WMS」が、グループ会社であるベイキューブシーのビジネスアナリティクスサービス(BA)と連携を開始したと発表した。

<WMSとBAの連携イメージ>
20211019cnet 520x293 - シーネット/クラウドWMSで実績データの長期大量蓄積可能に

この連携によって、WMS側にある物流データに加え、他システムからエクスポートしたデータをBAエンジンに集約、長期間データを蓄積し、今までできなかった過去データを使った過去対比や図・グラフ等の作成が容易に実現できるようになった。さらにRPAを活用し、日々のデータの取り込みから分析準備までを自動化することも可能になった。

これまで、「ci.Himalayas/WMS」ユーザーがWMSで蓄積した物流データを分析するためには、外部のBIツールを利用する必要があったが、外部ツールでは分析に使用するデータ準備に時間を要するほか、開発・維持の費用が高額になる問題を抱えていた。

シーネットは、これらの課題を解決するためベイキューブシーのBAをWMSと連携し、シームレスな自動化を実現。価格面でもサブスクリプション方式とすることで、初期コストを低減可能にした。

シーネットは、物流現場の業務改善で悩みを抱える企業に対して今回のWMSとBAを連携した提案をすることで、データの可視化や現状の把握を可能とし、これまで以上の業務改善が実現できると考えており、今後も、BAサービスを通じて物流企業の現場改善を支援していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集