LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ゼロ/7~9月の売上高0.8%増、営業利益59.9%減

2021年11月12日/決算

  • 関連キーワード
  • ゼロ

ゼロが11月11日に発表した2022年6月期第1四半期決算によると、売上高215億9600万円(前年同期比0.8%増)、営業利益6億2700万円(59.9%減)、税引前利益6億3700万円(59.4%減)、親会社に帰属する当期利益3億9200万円(64.3%減)となった。

セグメント別では、国内自動車関連事業の外部顧客からの売上高は122億4600万円(4.6%減)、営業利益は8億5600万円(41.9%減)となった。

主幹事業である車両輸送事業は、新車販売台数及び中古車登録台数の減少に伴い、車両輸送受託台数が減少したことから減収になった。また、整備事業も新車販売台数の減少に伴い納車前整備点検の受託台数が減少したことから減収になり、自動車関連事業全体でも減収となった。

一般貨物事業の外部顧客からの売上高は14億6100万円(8.6%増)、営業利益は1億9100万円(47.7%増)となった。

通期は、売上高950億円(3.1%増)、営業利益47億5000万円(10.9%減)、税引前利益47億5000万円(11.6%減)、親会社に帰属する当期利益32億円(11.8%減)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース