LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NTTロジスコ/CO2排出量可視化ソリューションを提供開始

2021年12月08日/3PL・物流企業

NTTロジスコは12月8日、物流領域でのCO2排出量を算出してレポート化し、さらにCO2を削減するためのシミュレーションを行う「CO2排出量可視化ソリューション」の提供を開始したと発表した。

<「CO2排出量可視化ソリューション」概要図>
20211208ntt 520x293 - NTTロジスコ/CO2排出量可視化ソリューションを提供開始

同ソリューションは、NTTロジスコの3PLサービスを利用する顧客向けに提供を想定している。

CO2排出量レポートでは、輸配送と倉庫内での活動について入出荷量や輸送重量等の必要データを収集し、精査したうえで、配送と拠点で使用するエネルギーのCO2排出量を環境省・経済産業省の「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドラインVer.2.3」に基づいて算出し、レポートとして可視化する。

算出項目は、サプライチェーン排出量のScope3の「カテゴリ4 輸送、配送(上流)」に該当する、輸配送および、倉庫内のエネルギー消費における排出量を基本項目とし、要望に応じて項目の調整が可能。レポートの頻度は四半期ごとを想定しており、月次や年度等の提示にも対応する。

また、CO2排出量シミュレーションについては、NTTロジスコが取り組む共同配送やモーダルシフトの推進、太陽光発電やEV車両の導入推進、梱包資材の見直し、需要予測や発注・補充の見直しによる商品廃棄の削減、ロジスティクスネットワークの再検討など、各種施策を提案・導入した場合のCO2排出削減量についてシミュレーションを行う。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース