川崎汽船/ノルウェーのオフショア支援船会社を清算

2021年12月17日 
関連キーワード:

川崎汽船は12月17日、連結子会社のK LINE OFFSHOREの保有する船舶を売却し、同社を清算すると発表した。

PSV(プラットフォーム・サプライ船)4隻とAHTS(アンカーハンドリング・タグ・サプライ船)2隻を2022年3月期第4四半期に売却し、2023年3月期上半期の子会社清算を予定している。

川崎汽船は、2007年に北海での石油ガス鉱区向けの堅調な作業需要を見込み、ノルウェーにK LINE OFFSHOREを設立し、北海でのオフショア支援船事業に参入した。

しかし、その後のエネルギー資源価格下落に伴う市況悪化により長期にわたり業績の低迷が続いたことから、K LINE OFFSHOREが保有する全船舶を売却し、同社を清算することを検討した結果、事業の将来の経済性に鑑み、清算を実施することが最適であると判断した。

川崎汽船は、2022年3月期の連結決算で、固定資産の譲渡に伴う減損損失として130億円、その他の関係会社整理損失引当金繰入額等として40億円の計170億円を、特別損失として計上する予定。

■K LINE OFFSHORE 概要
所在地:Kystveien 14, 4841 Arendal, Norway
事業内容:オフショア支援船の保有及び運航
資本金:NOK 2,716,919,000(12月17日現在)
設立:2007年10月19日
大株主及び持株比率:川崎汽船100%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集