LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

プリマハム/ハム・ソーセージと加工食品を値上げ、物流費も影響

2021年12月20日/生産

プリマハムは12月20日、2022年2月1日より一部商品の規格変更並びに価格改定を実施すると発表した。

現在、ハム・ソーセージや加工食品の主原料はじめ小麦粉・食料油・包装資材など副資材価格も高騰しており、今後も継続する見込みとなっております。また、エネルギーコストも大幅に増加、物流費や労務費などの経費も上昇している。

同社は製造工程や物流の効率化など、あらゆる努力を重ねてきたが、予測を超えた仕入れコスト及びユーティリティコストの上昇で、企業努力によるコスト吸収の限界を超えた状況となっている。一部先行して価格改定をした商品もあるが、ハム・ソーセージと加工食品の家庭用商品及び業務用商品の価格を改定することになったもの。

■概要
価格改定日:2022年2月1日より
対象商品:ハム・ソーセージ、加工食品 合計200品
家庭用ハム・ソーセージ 74品
家庭用加工食品 90品
業務用商品 36品
価格改定内容:商品規格の変更および納入価格の値上げ
          改定率5%~12%

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース