日通/ドローン輸送で国内物流業界初の夜間飛行に成功

2021年12月22日 
関連キーワード:

日本通運は12月22日、災害時輸送や医薬品等の緊急輸送を想定したドローンの活用に関する実証実験を、NXグループ伊豆研修センター(静岡県伊豆の国市)で実施したと発表した。

<国内物流業界として初の夜間飛行を実施>
20211222nittsu 520x390 - 日通/ドローン輸送で国内物流業界初の夜間飛行に成功

<走行するトラック荷台からの離陸(※動画あり)
20211222nittsu1 520x292 - 日通/ドローン輸送で国内物流業界初の夜間飛行に成功

実証実験は、日通総合研究所と共同で12月10日に実施したもの。

実際の災害時輸送を想定し、24時間対応を確立するため国内物流業界として初めて夜間飛行を実施したほか、ドローンポートが設置できない状況を想定した走行中のトラックや傾斜面からのドローン離着陸などを実施した。

また、遠隔地からの医薬品輸送を想定し、既存の航空貨物輸送とラストワンマイルのドローンを組み合わせた一貫輸送下での品質を確認するため、日通が独自開発した梱包資材を用いて温度帯管理(保冷・保温)や位置情報追跡などの状態管理テストを実施し、自動離着陸・自律飛行のもと、現状の技術レベルの検証と実用化に向けた課題を確認した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集