ケニス/大阪府門真市に新物流センター、物流業務を再編成

2021年12月22日 
関連キーワード:

理化学機器専門商社のケニスは12月21日、大阪府門真市に新物流拠点「門真ディストリビューションセンター(門真DC)」を新設し、2022年1月に稼働を開始すると発表した。

<門真DC>
20211222kenis 520x347 - ケニス/大阪府門真市に新物流センター、物流業務を再編成

「門真DC」は、第二京阪沿線の門真市三ツ島にあり、関西圏へのスムーズな配送が可能。建屋の延床面積は5260m2で、3万3000SKUの在庫保管能力を有する。

また、バケット自動倉庫やパレット移動ラック、ハンディターミナルの導入に加え、WMS(倉庫管理システム)と基幹システムとの連携によって精度の高い倉庫管理のシステム化を実現。これらに加えて発注支援システムの導入により、在庫管理全体を通した適正化を実現していく。

ケニスでは、ECサイトへの展開や、プロラミング教材をはじめとしたデジタル機器の需要によって、売上が5年連続で増加。これに伴い取扱商品数も増加しており、物流業務が逼迫している。

門真DCでは、一連のデジタル化を含めた物流業務の再編成によって、複雑で即時性が求められる市場に対応していくとともに、従業員の多様な働き方を可能にする。

■ケニス門真DCの概要
所在地:大阪府門真市三ツ島1ー30ー31
交通:第二京阪道路「門真JCT」1km
敷地面積:6354.132m2
延床面積:5259.846m2
構造:鉄骨造 地上3階

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集