LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/インドネシアでマングローブの再生・保全事業参画

2022年01月06日/CSR

商船三井は1月6日、 ワイエルフォレスト(YLF)と共同し、インドネシア南スマトラ州で、マングローブの再生・保全を目的とした ブルーカーボン・プロジェクトに参画すると発表した。

<シルボフィッシャリ―の概要図>
20220106mol 520x307 - 商船三井/インドネシアでマングローブの再生・保全事業参画

このプロジェクトで、同社は資金面での貢献に加え、今後は現地でのプロジェクトの運営にも深く関わっていく。

YLFは、特定非営利活動法人国際マングローブ生態系協会(ISME)による技術指導の下、2013年より南スマトラ州において残存する約1万4000haのマングローブの保全活動を行ってきた。このプロジェクトでは30年間で、森林保全活動による約500万トンの二酸化炭素(CO2)の排出抑制、さらに約 9500haの裸地でのマングローブ等の新規植林による約600万トンのCO2の吸収 ・ 固定を目指す。

現在、国際的なカーボンクレジット基準管理団体Verraによる認証を受けるため、2022年前半のプロジェクト登録を目指して手続きを進めている。

マングローブはCO2を取り込み、炭素を蓄えるだけでなく、命のゆりかごと呼ばれ、マングローブと共に生きる生物の多様性を守る。また、高波から沿岸に住む人々の暮らしを守る等、気候変動への適応策としても非常に重要な存在。

商船三井はYLFと共に、このプロジェクトを通じて、 マングローブの再生・保全活動を行う他、シルボフィッシャリ―(造林 ( Silviculture) と水産業 ( Fishery) を組み合わせた方法)を導入し、持続可能な水産・森林経営を通じて地域住民の生計向上を支援し、人と自然が共生する社会づくりを目指す。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース