日本GLP/ALFALINK流山の最終棟を着工、西濃運輸等が入居

2022年01月12日 

日本GLPは1月12日、千葉県流山市でマルチテナント型物流施設「GLP ALFALINK 流山 4」の起工式を実施した。

<「GLP ALFALINK 流山 4」外観完成イメージ>
20220112glp 520x290 - 日本GLP/ALFALINK流山の最終棟を着工、西濃運輸等が入居

総開発費として200億円を投じ、敷地面積4万3700m2、地上4階建て免震構造延床面積10万4000m2の施設を建設する。竣工は2023年6月を予定している。

「GLP ALFALINK 流山 4」の1階と2階には西濃運輸が入居を予定。同社はターミナルと保管庫として利用する。

これにより、他の入居企業は構内に配送拠点があるため出荷・集荷の効率が大幅に向上し、集荷の締め切り時間の延長等が可能になるほか、ターミナルまでの輸送が無くなることでCO2排出量が削減され、環境負荷の低減にも寄与する。また、他の入居企業に対して保管機能も生かした臨機応変なロジスティクスを提供できるメリットも生まれる。

「ALFALINK 流山」のターミナルは「GLP ALFALINK 流山 8」に入居する佐川急便と併せて2か所になり、さらに効率的な輸配送が可能となる。

<「GLP ALFALINK 流山 4」鳥瞰図>
20220112glp1 520x371 - 日本GLP/ALFALINK流山の最終棟を着工、西濃運輸等が入居

 

「GLP ALFALINK 流山 4」の施設面での特徴としては、倉庫賃貸スペースのバリュエーションが豊富で、冷凍冷蔵対応、給排水換気対応、自動化支援などを提供することから、食品やECなど多種多様な業種のニーズに柔軟に対応することが可能。また、倉庫のシェアリングなどの高付加価値なサービスの提供も検討している。

建設地は、都心から25km圏内で、常磐自動車道「流山IC」に近接、また国道16号線にもアクセスが容易で、関東に向けた広域配送拠点として優れた立地にある。

<アリーナ完成イメージ>
20220112glp2 520x291 - 日本GLP/ALFALINK流山の最終棟を着工、西濃運輸等が入居

<屋上庭園完成イメージ>
20220112glp3 520x291 - 日本GLP/ALFALINK流山の最終棟を着工、西濃運輸等が入居

日本GLPは、「ALFALINK」ブランドの物流施設で「創造連鎖する物流プラットフォーム」をコンセプトに掲げ、従来の物流施設における効率化・最適化を超えた、これまでにない価値や事業を創造していく拠点となる施設づくりを目指し、「Open Hub」(物流をもっとオープンに)、「Integrated Chain」(サプライチェーンをつなぐ)、「Shared Solution」(ビジネスの進化をサポート)をキーワードとし、これらのコンセプトに基づいたさまざまな設備、サービスを提供している。

「GLP ALFALINK 流山 4」は、「ALFALINK 流山」全棟の中でも特にウェルネスの増進に力を入れており、ALFALINK 流山で初となるさまざまな試みを実施する予定。具体的には、あたたかい食事を提供するレストランをはじめ、各階にリフレッシュエリアを整備。また、バスケットやフットサルなどが楽しめるアリーナや、アリーナから連続する屋上庭園を設ける。

これらの施策によって、働く人の心身の健康とパフォーマンスを向上させる環境を整備し、カスタマー企業の雇用維持、そしてビジネスの成長に寄与するとともに、アリーナでは定期的なイベントを開催し、働く人同士や地域社会との繋がりが生まれることで、社会的な健康もサポートする。

日本GLPの帖佐 義之社長は、「『GLP ALFALINK流山 4』は、『GLP ALFALINK 流山』で最後の着工物件。開発の早期段階で西濃運輸の入居が決定し、ターミナルとして活用してもらえることを大変うれしく思っている。日本GLPは、カスタマー企業の物流オペレーションの効率化はもちろん、ウェルネスをもたらす施設として、施設で働く方々にとって生産性や創造性を高められる環境を提供し、地域住民の方々にも安全にそして豊かに生活できる施設づくりを推進していく」と述べた。

■「GLP ALFALINK 流山 4」概要
建設地:千葉県流山市小屋・北
敷地面積:4万3700m2
延床面積:10万4000m2
構造:地上4階建て、免震・RCS造
着工:2022年1月
竣工:2023年6月(予定)
認証取得:LEEDゴールド認証(予定)、ZEB Ready 認証(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集