LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

センコーGHD/環境にやさしい物流に、EV車をグループで導入

2022年01月17日/IT・機器

センコーグループホールディングスは1月17日、傘下の物流事業会社4社(センコー、野田センコーロジサービスプリティポーターズ、江坂運輸)で軽自動車5台、小型トラック1台の電気自動車(EV車)を導入したと発表した。

<導入した電気自動車(センコー小牧支店)>
20220117senko1 520x270 - センコーGHD/環境にやさしい物流に、EV車をグループで導入

<専用ロゴデザイン(左から電気トラック用、電気軽自動車用)>
20220117senko2 520x137 - センコーGHD/環境にやさしい物流に、EV車をグループで導入

センコーグループでは、東京納品代行が2014年に電気軽自動車を、2019年に電気小型トラックを既に導入しているが、グループ全体で電気自動車導入の推進と社外PRを図るため専用ロゴを制定し、グループ4社に導入した。新車両は2021年10月から2022年2月にかけて、東京、千葉、愛知、岐阜、大阪、兵庫を中心に運行を開始し、小口配送事業などで活用していく予定だ。

専用ロゴは「あたりまえの暮らしのそばに」をコンセプトに、一目で電気自動車と識別でき、生活シーンに馴染むよう街や人々のイラストを入れ、車両を見かけた地域の人々が温かい気持ちになるような優しい雰囲気を目指した。

これまでもセンコーグループは、鉄道・海上輸送を組み合わせたモーダルシフトや、天然ガスを燃料とするCNG車の導入など、脱炭素を目的としたCO2排出量の削減に努めてきた。さらにグループ全体で環境対応車の導入を拡げ、環境に優しい物流を推進することで、持続可能な社会の発展に寄与していく考えとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース