LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

GSC/NH3燃料パナマックスバルカーの設計が基本承認取得

2022年01月20日/IT・機器

次世代環境船舶開発センター(Planning and Design Center for Greener Ships : GSC)は1月20日、会員造船会社との連携による国内初となるアンモニア燃料パナマックスバルクキャリアの設計について、日本海事協会(ClassNK)から設計基本承認(Approval in Principle:AIP)を取得した。

<AIP証書手交式の様子>
20220120gsc 520x390 - GSC/NH3燃料パナマックスバルカーの設計が基本承認取得

燃焼時にCO2を発生しない燃料であるアンモニアが、国際海運のゼロエミッション化に大きく貢献する舶用燃料としても注目される中、GSCでは、国際バルク輸送の主力であり、また、日本の造船産業の主力製品であるパナマックスバルクキャリアを対象に、アンモニア燃料船の開発を行った。

<アンモニア燃料パナマックスバルクキャリアのイメージ>
20220120gsc1 520x293 - GSC/NH3燃料パナマックスバルカーの設計が基本承認取得

20220120gsc2 520x293 - GSC/NH3燃料パナマックスバルカーの設計が基本承認取得

20220120gsc3 520x293 - GSC/NH3燃料パナマックスバルカーの設計が基本承認取得

<アンモニア燃料パナマックスバルクキャリア概要>
20220120gsc5 520x242 - GSC/NH3燃料パナマックスバルカーの設計が基本承認取得

今回AIPを取得した設計では、ClassNKのアンモニア燃料船のガイドラインの要件に従って十分な安全対策を施すとともに、重油に比べて大幅に容積が増えるアンモニア燃料のタンク容量とタンク配置について入念な検討を行い、貨物積載量・航続距離への影響を最小限に留めるなど、安心で使いやすい船舶としている。

また、ケープサイズなどより大型の船舶や、就航後の改造を想定した「アンモニアレディ」のLNG燃料バルクキャリアなどへの展開も考慮した設計となっている。

GSCが開発した基本設計情報を活用することで、今後、日本の造船各社でバルクキャリアを始めとしたさまざまなアンモニア燃料船の製品開発が速やかに進むこととなる。

<2050年までの燃料転換シナリオと、開発中の4つの船舶コンセプト>
20220120gsc4 520x278 - GSC/NH3燃料パナマックスバルカーの設計が基本承認取得

GSCは、これまで蓄積してきた日本の造船業の力を糾合して、現在ある、また、今後開発が進む関連の環境技術を統合して最先端の船舶を持続的に企画・発信する中核的な組織として、国内の造船業有志により2020年10月に設立された。

現在、関連規制の動向や燃料の見通し等に関する調査結果を踏まえて2050年までの燃料転換シナリオを想定し、これに対応した4つの船舶コンセプトの開発に取り組んでいる。

■GSC会員企業・組織(2022年1月現在)
今治造船、大島造船所、尾道造船、ジャパンマリンユナイテッド、新来島サノヤス造船、新来島どっく、住友重機械マリンエンジニアリング、内海造船、名村造船所、日本海事協会、三井E&Sマシナリー、三菱造船(五十音順)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース