LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大東港運/4~12月の売上高24.6%減、営業利益48.4%増

2022年02月09日/決算

大東港運が2月9日に発表した2022年3月期第3四半期決算によると、売上高127億2000万円(前年同期比24.6%減)、営業利益9億2200万円(48.4%増)、経常利益10億200万円(39.7%増)、親会社に帰属する当期利益7億900万円(56.8%増)となった。

なお、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用している。

セグメント別では、輸出入貨物取扱事業は、売上高は前年同期間比30.8%減の101億1271万円(旧基準に置換えた値では前年同期間比7.5%増の157億2045万5000円)となり、営業利益は前年同期間比13.0%増の16億1190万7000円となった。

通期は、売上高160億円(28.1%減)、営業利益10億円(27.8%増)、経常利益11億円(21.9%増)、親会社に帰属する当期利益7億7000万円(32.7%増)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース