LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

CBcloud/埼玉県川口市に初の物流倉庫開設

2022年02月28日/物流施設

CBcloudは2月28日、埼玉県川口市に同社初の物流倉庫「CBcloud川口デポ」を開設すると発表した。

<CBcloud川口デポ外観>
20220228cb 520x341 - CBcloud/埼玉県川口市に初の物流倉庫開設

<倉庫スペース>
20220228cb1 520x343 - CBcloud/埼玉県川口市に初の物流倉庫開設

「CBcloud川口デポ」は、首都高川口線「新郷IC」から6分の立地。地上3階建て延床面積3389m2の施設を賃借し、3月1日に開設する。

TC(通過型物流センター)とDC(在庫型物流センター)の双方の機能を持つ物流施設で、配送マッチングプラットフォーム「PickGo」による配送や、デポに合わせた仕様に自社開発した宅配効率化システム「SmaRyuポスト」などを組み合わせた一気通貫型の配送サービスを株主の物流事業者などに提供する。

これにより、物流事業者は対応が困難な当日即配や深夜・早朝時間帯の配達ニーズに対応可能となるため、東京23区内へのEC即日配送や、リコール品の回収などの静脈・集荷物流、在庫商品の保管と即時補充など、物流に関わるさまざまな用途での利用を想定している。

「CBcloud川口デポ」の開設について、2月28日に開催した記者説明会でCBcloudの松本 隆一CEOは「今後の中長期構想として、『PickGo』を車両を手配するだけの配送マッチングプラットフォームから、荷主の多種多様な物流ニーズに対応できる配送プラットフォームへと進化させることで、配送パートナーと荷主、双方の生産性と売り上げを高め、持続可能なエコシステムを構築することを目指している。『CBcloud川口デポ』は、この構想の実現を後押しするものだ。これまで大手物流企業では対応が難しかった深夜・早朝の時間帯などの配送にも対応することで、荷主企業の細やかな配送ニーズの補足や、大手物流企業の配送力強化を支援することができる」とコメントした。

■「CBcloud川口デポ」概要
物件名:弥平小原倉庫
所在地:埼玉県川口市弥平3-12-6
フロア数:地上3階建て
延床面積:3389.1m2
事業内容:DCセンター/TC配送デポ
アクセス:首都高川口線「新郷IC」6分
開設:3月1日

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース