LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

サンケイビル/千葉県柏市柏の葉に1.1万m2の物流施設満床竣工

2022年03月14日/物流施設

サンケイビルは3月14日、千葉県柏市柏の葉に物流施設「SANKEILOGI柏の葉」を3月15日に竣工すると発表し、竣工前内覧会を開催した。

<外観>
20220314sankei1 520x347 - サンケイビル/千葉県柏市柏の葉に1.1万m2の物流施設満床竣工

<エントランス>
20220314sankei2 520x347 - サンケイビル/千葉県柏市柏の葉に1.1万m2の物流施設満床竣工

<エントランスホール>
20220314sankei3 520x347 - サンケイビル/千葉県柏市柏の葉に1.1万m2の物流施設満床竣工

<4階無柱空間>
20220314sankei4 520x347 - サンケイビル/千葉県柏市柏の葉に1.1万m2の物流施設満床竣工

入居テナントはすでに決定しており、物流事業者が入居する予定となっている。入居の決め手となったのは立地の良さだったという。

最寄り駅となるつくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」周辺は大規模な開発が進み、ららぽーと等の商業施設や東京大学、千葉大学、国立がん研究センターなどが集中する文教・商業地域として発展を続けている。

柏エリアは、都心部から30㎞圏内に位置し、東京港までも車で約35分と船舶貨物輸送と消費地の両方へのアクセスが良好。立地場所は常磐自動車道「柏IC」から約700mに位置し、国道16号線も利用可能なため、広域配送にも優れた立地。国立がんセンターのバス停から徒歩約5分程度。周辺居住人口も多く、従業員確保にも有利だ。

物件は、地上4階建て延床面積1万1049m2の複数テナントにも対応可能な物流施設として開発。10t車用トラックバース12台、トラック待機場3台、梁下有効高さ5.5m(4階は6.5m)、床荷重1.5t/m2。

<倉庫エリア1階 トラックバース>
20220314sankei5 520x347 - サンケイビル/千葉県柏市柏の葉に1.1万m2の物流施設満床竣工

<事務所エリア>
20220314sankei6 520x348 - サンケイビル/千葉県柏市柏の葉に1.1万m2の物流施設満床竣工

<屋外テラス>
20220314sankei7 520x347 - サンケイビル/千葉県柏市柏の葉に1.1万m2の物流施設満床竣工

<喫煙所>
20220314sankei8 520x520 - サンケイビル/千葉県柏市柏の葉に1.1万m2の物流施設満床竣工

施設外に喫煙所、2階には従業員たちがくつろげる屋外テラスを設け、快適な労働環境を整備した。また、施設の屋根を利用して、太陽光発電システムを導入し、発電した電力を施設内で自家消費可能とすることで、環境負荷低減に貢献する。

内覧会説明では、サンケイビルの事業本部用地開発部の尾崎良太次長と林田征矢氏は「サンケイロジという独自ブランドとしては第1号物流施設となります。当初から1棟貸しを目指していましたが、2社程度までは利用可能なつくりとしています。今後、神奈川県厚木市に8月竣工の物件が控えており、その後も大阪府摂津市、東京都府中市の物件のプロジェクトが進んでいます。また、冷凍冷蔵倉庫の開発にも意欲を示しています」と話した。今後も顧客のニーズをとらえ、同社がこれまでに培ってきたデベロッパーとしてのノウハウを活かして、エントランスや共用部を含めた細部まで気を配り、従業員が快適に働ける施設づくりを目指すとしている。

<施設入口付近>
20220314sankei9 520x347 - サンケイビル/千葉県柏市柏の葉に1.1万m2の物流施設満床竣工

■概要
名称:SANKEILOGI 柏の葉
所在地:千葉県柏市柏の葉5-4-12
交通:常磐自動車道 柏ICから約700m
敷地面積:5313m2
延床面積:1万1049m2
構造・規模:鉄骨造、地上4階
床荷重:1.5t/m2
梁下有効高さ:5.5m
ドックレベラー:1台実装(1台将来対応)
垂直搬送機:2基
荷物用EV:2基
駐車場:35台、トラック待機場3台
着工:2021年4月15日
竣工:2022年3月15日

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース