LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/同社初のBTS型冷凍冷蔵物流施設を竣工

2022年04月06日/物流施設

PR記事

日本GLPは4月6日、茨城県常総市で延床面積3万6793m2の先進的物流施設「GLP常総II」の竣工式を実施した。

<GLP常総II外観>
20220406glp 520x331 - 日本GLP/同社初のBTS型冷凍冷蔵物流施設を竣工

<内観>
20220406glp1 520x340 - 日本GLP/同社初のBTS型冷凍冷蔵物流施設を竣工

20220406glp2 520x333 - 日本GLP/同社初のBTS型冷凍冷蔵物流施設を竣工

同施設は、日本GLPが冷凍冷蔵専用のBTS型として竣工した初めての物件。チルド物流のムロオが専用施設として一棟全体を利用し、関東エリアの大型店舗向けの3温度帯(冷凍、冷蔵、常温)配送拠点として活用する。

都心から48km、圏央道「常総IC」から至近で、北関東3県と東京都、千葉県、埼玉県へ90分以内に配送可能な広域配送拠点としてのほか、食品加工工場が集積する東北エリアと首都圏を結ぶ食品流通の拠点としても良好な立地となっている。

低温物流市場は2023年度には市場規模が約1.8兆円と、引き続き拡大が予測されており、冷凍冷蔵機能を有する先進的物流施設へのニーズも高い水準にある。「GLP常総II」の開発では、増大する市場のニーズに素早く対応するため、先進的物流施設の開発で幅広いノウハウを持つ日本GLPと、食品などの冷凍冷蔵物流に強みを持つムロオが密接に連携することで、予定工期の短縮を実現した。

日本GLPでは、冷凍冷蔵設備導入の初期投資について、オーナー・テナント間で最適化を図りテナント企業のニーズに沿う施設を提供している。冷凍庫に使用する冷却設備については、国が推奨する省エネ型自然冷媒機器の補助対象に採択され、環境にも配慮した高効率の設備を採用。また、冷凍冷蔵事業の恒常的な人手不足や、大規模化した倉庫スペースの効率化のため、自動ラック倉庫やマテハンなどの導入を支援している。

「GLP常総II」の竣工にあたり、日本GLPの帖佐 義之社長は「アクセスの良さや冷凍冷蔵機能設置の実績、これまでのリレーション等が入居の決め手となった。現在、都市部・地方部を問わず、冷蔵・冷凍庫の不足がコールドチェーン確保に向けた課題と言われている。日本GLPでは、急増するニーズに応えるべく、冷凍冷蔵機能を有する先進的物流施設を今後も積極的に開発していく」とコメントした。

■「GLP常総II」
所在地:茨城県常総市三坂新田町2004
敷地面積:4万1158.16m2
延床面積:3万6793.26m2
構造:地上2階建て、耐震S造
着工:2021年2月
竣工:2022年3月
認証取得:CASBEE

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース