LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

サントリーHD/沖縄県豊見城市で新しい物流拠点を本格稼働

2022年04月08日/物流施設

PR記事

サントリーホールディングスは4月8日、新しい物流拠点「沖縄豊見城(とみぐすく)配送センター」を4月から本格稼働したと発表した。

<沖縄豊見城配送センター>
20220408suntory 520x287 - サントリーHD/沖縄県豊見城市で新しい物流拠点を本格稼働

「沖縄豊見城配送センター」の稼働により、沖縄県での商品供給の一層の安定化を図るほか、これまで複数箇所に分散していた倉庫機能をこの倉庫に統合・集約することで、在庫配置や倉庫間移動を効率化し、環境負荷低減を推進する。

センターではデジタルトランスフォーメーション(DX)施策として、倉庫管理システムとバース予約システムを情報連携させることにより、倉庫内業務の効率化、待機時間削減を通じたトラック乗務員の負担軽減や環境負荷低減を図っている。

また、センターは「おきなわSDGsパートナー」の認証を受けている。この制度は、沖縄県がさまざまなステークホルダーとのパートナーシップのもと、SDGsの普及啓発に取り組むため、活動に意欲的な企業・団体を認証するもの。倉庫内業務の効率化、環境負荷低減を目的としたDX施策や、安全品質の向上を目的としたフォークリフト操作のAI判定システムの導入などが評価され、認証に至った。

なお、人手不足、働き方改革、環境意識の高まりなど、物流をとりまく環境は大きく変化しており、持続可能な物流への取り組みは、重要な課題となっている。サントリーグループはこれまでも、安全・安心な物流の実現に加え、先端技術を活用し、物流業務の自動化・省力化による労働負荷軽減、作業効率化、環境負荷の低減などを実現する「スマートロジスティクス」に取り組んできた。

「沖縄豊見城配送センター」の稼働により、沖縄県での商品供給の一層の安定化を図るほか、これまで複数箇所に分散していた倉庫機能を本倉庫に統合・集約することで、在庫配置や倉庫間移動を効率化し、環境負荷低減を推進する。

■配送センター概要
名称:沖縄豊見城配送センター
所在地:沖縄県豊見城市字与根西原50番110
延床面積:約8900m2(約2700坪)2階建倉庫の2階
竣工:2022年3月(4月本格稼働)
取り扱い商品:清涼飲料各種
業務委託先:サントリーロジスティクス

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース