LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アスクル/グループの再生可能エネルギー使用率63%を達成

2022年04月12日/CSR

アスクルは4月12日、再生可能エネルギーの導入を進めてきたが、本社・物流センター・子会社を含めたグループ全体における電力使用量の63%が再生可能エネルギーへ切り替わったと発表した。

これは新たに同社の物流センター「DCMセンター」に再生可能エネルギーを導入したことによるもの。

アスクルは「RE100」の中間目標として、2025年までに本社および物流センターでの再生可能エネルギー利用率を100%に、そしてゴールとして2030年までに子会社を含めたグループ全体での再生可能エネルギー利用率を100%にすると宣言している。今回の「DCMセンター」への導入により、「RE100」に取組み始めた2017年から約5年で、本社・物流センター・子会社を含めたグループ全体の電力の約6割が再生可能エネルギーに切り替わった。

なお、「DCMセンター」には、環境価値のある電力調達を実現するため、トラッキング付非化石証書を活用した再生可能エネルギーを採用した。

■アスクルの再生可能エネルギー導入の取組み概要
2018年5月1日 「大阪DMC」(大阪市此花区北港緑地 2-1-66)
2018年6月1日 「仙台DMC」(宮城県仙台市宮城野区仙台港北 2-5-2)
2018年6月1日 「名古屋センター」(愛知県東海市浅山 2-47)
2018年7月1日 「ASKUL Logi PARK 福岡」(福岡県福岡市東区みなと香椎 2-2-1)
2020年7月1日 「ASKUL Logi PARK 横浜」(神奈川県横浜市鶴見区生麦 2-4-6)
2020年8月8日 「新木場物流センター」(東京都江東区新木場 2-6-8)
2021年7月1日 「ASKUL Value Center 関西」(大阪府吹田市岸部南 3-34-1)
2021年12月1日 「ASKUL Value Center 関西」(大阪府吹田市岸部南 3-34-1)
2022年4月1日 「DCMセンター」(東京都江東区青海 4-1-16)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース