LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

モノタロウ/関西エリアの大型物流拠点が本格稼働を開始

2022年04月21日/物流施設

PR記事

MonotaRO(モノタロウ)は4月21日、兵庫県河辺郡猪名川町で2021年11月に竣工した物流拠点「猪名川ディストリビューションセンター(猪名川DC)」を4月20日に本格稼働したと発表した。

<猪名川DC(プロロジスパーク猪名川1)>
20220208monotaro03 520x347 - モノタロウ/関西エリアの大型物流拠点が本格稼働を開始

<小型無人搬送ロボット(AGV)「ラックル」>
20220421monotaro 520x450 - モノタロウ/関西エリアの大型物流拠点が本格稼働を開始

20220421monotaro1 520x341 - モノタロウ/関西エリアの大型物流拠点が本格稼働を開始

猪名川DCは、プロロジスが兵庫県川辺郡猪名川町南部の新名神高速道路 「川西IC」から2km地点に建設した「プロロジスパーク猪名川1」のうち、18万9000m2を賃借して開設した拠点。

物流の効率化向上と従業員の負担軽減を目的に、約400台の小型無人搬送ロボット(AGV)「ラックル」や自動荷揃え装置の活用、3月に稼働した新規システムによる配送区分選定の自動化など、オペレーションの自動化・省力化を推進している。

第2期完了時の在庫保有能力が60万点、出荷能力は9万行/日で、今後は2023年にAGVを400台増設し、出荷能力を2倍の18万行/日に増強する予定だ。

<折り畳みコンテナや段ボールを搬送するコンベヤシステム>
20220421monotaro4 520x294 - モノタロウ/関西エリアの大型物流拠点が本格稼働を開始

20220421monotaro6 520x361 - モノタロウ/関西エリアの大型物流拠点が本格稼働を開始

<ピッキング位置と数を知らせるプロジェクションマッピング>
20220421monotaro2 520x325 - モノタロウ/関西エリアの大型物流拠点が本格稼働を開始

モノタロウは前年⽐約20%の成⻑を続けており、それに伴う物量の増加、物流の出荷能⼒と在庫保有能⼒の増強、物流の効率化を⽬的に「猪名川DC」を稼働した。

同拠点の開設によって、同社全体の出荷能力は2017年に稼働を開始した「笠間ディストリビューションセンター」、2021年に稼働を開始した「茨城中央サテライトセンター」と合わせて計19万行/日に拡大。2023年には猪名川DCの増強で1.6倍の31万行/日となる。

<入荷品搬送エリア>
20220421monotaro3 520x362 - モノタロウ/関西エリアの大型物流拠点が本格稼働を開始

<入荷バース>
20220421monotaro5 520x278 - モノタロウ/関西エリアの大型物流拠点が本格稼働を開始

■猪名川DC概要
所在地:兵庫県川辺郡猪名川町(プロロジスパーク猪名川1内)
使用延床面積:18万9000m2
在庫能力:60万点
出荷能力:第1期(2022年4月):9万行/日、第2期(2023年):9万行/日 合計18万行/日
新規雇用者数:約500名(第1期稼働時)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース