LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

キムラユニティー/3月期の売上高10.2%増、営業利益20.7%増

2022年04月28日/決算

キムラユニティーが4月28日に発表した2022年3月期決算によると、売上高570億8200万円(前年同期比10.2%増)、営業利益29億3800万円(20.7%増)、経常利益36億7000万円(30.5%増)、親会社に帰属する当期純利益21億8100万円(36.0%増)となった。

同期は、新型コロナウイルスの影響があったものの、主力の物流サービス事業で主要顧客からの受注量が増加し、売上高・利益ともに前年を上回った。増益には「全員参画によるOne Team 経営」による収益改善も寄与した。

物流サービス事業の売上高は、新型コロナウイルスの影響や車載用半導体不足等による生産台数調整の影響があったものの、包装事業と格納器具事業で主要顧客からの受注量が増加し、409億7300万円(14.2%増)となった。

営業利益は、格納器具事業で材料費高騰による影響があったものの、現場での収益改善効果によって38億200万円(24.8%増)となった。

次期は、売上高600億円(5.1%増)、営業利益33億円(12.3%増)、経常利益38億円(3.5%増)、親会社に帰属する当期純利益25億円(14.6%増)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース