LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日新/横浜市に神奈川埠頭危険物倉庫(仮称)を起工

2022年05月13日/物流施設

日新は「神奈川埠頭危険物倉庫(仮称)」の建設着工に先立ち、5月12日に起工式を実施したと発表した。

<外観イメージ図>
20220513nisshin1 520x390 - 日新/横浜市に神奈川埠頭危険物倉庫(仮称)を起工

20220513nisshin2 520x317 - 日新/横浜市に神奈川埠頭危険物倉庫(仮称)を起工

新たに着工する同倉庫は、同社神奈川埠頭営業所の再開発計画の一環として、その跡地に建設されるもので、危険物倉庫と高圧ガス倉庫の機能を有している。

営業開始は9月の予定で、同社は同施設を「京浜地区における危険物および高圧ガスの入出庫保管、輸出入の拠点」として位置付け、今後ますます高まることが予想されるケミカル物流のニーズに応えていくとしている。

■概要
名称:神奈川埠頭危険物倉庫(仮称)」
所在地:神奈川県横浜市神奈川区恵比須町9-7、5-14
施設内容:危険物倉庫、高圧ガス倉庫
建物構造:鉄骨造平屋建(危険物倉庫、高圧ガス倉庫)、鉄骨造2階建(普通倉庫)
敷地面積:2万1389.95m2
保管面積:8572.86m2
開業予定:2023年9月

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース