LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱商事/シェアリング倉庫サービス1周年、問い合わせ5倍に

2022年05月18日/SCM・経営

三菱商事は5月18日、同社が運営するWareX(シェアリング倉庫サービス)が、サービスを正式開始してから1周年を迎えたと発表した。

WareXは、全国の営業倉庫と、倉庫を一時利用したい荷主をマッチングする、シェアリング倉庫サービス。荷物を預けた分だけ従量課金で利用でき、倉庫探しから入出荷、精算まで全てWareXで完結する。

<問合わせの推移>
20220518Mitubisisoko1 520x293 - 三菱商事/シェアリング倉庫サービス1周年、問い合わせ5倍に

2022年3月の問合せ件数は、サービス開始当初と比べて約5倍に伸張。スポット利用に加えて、輸配送コスト削減や倉庫拠点の見直しなどでも活用されている。

<引き合いの内訳>
20220518Mitubisisoko2 520x520 - 三菱商事/シェアリング倉庫サービス1周年、問い合わせ5倍に

<内訳の詳細>
20220518Mitubisisoko3 520x293 - 三菱商事/シェアリング倉庫サービス1周年、問い合わせ5倍に

引き合いの貨物数の内訳は、2021年10月~2022年3月の半年間の集計データによると、最も多いのが99パレット以下で65.7%。次いで100~499パレットが20.8%、1000~9999パレットが7.8%、1万パレット以上が1.2%。少量・短期の利用だけでなく、大ロット案件や半年以上の案件の引き合いもあり、倉庫の一時利用にも様々なニーズがあることがわかっている。

三菱商事は、社会情勢の変化に影響されない安定した物流インフラ構築の一助となれるよう、今後もサービス品質の向上に努めていくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース