LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和ハウス/6月9・10日、DPL札幌レールゲート現地内覧会

2022年05月24日/セミナー

大和ハウス工業は6月9・10日の2日間、札幌市で5月31日に竣工する日本貨物鉄道(JR貨物)との共同事業である「DPL札幌レールゲート」の現地内覧会、また、同施設と直結する「札幌貨物ターミナル駅」を利用した鉄道コンテナ輸送の説明会を開催する。

<DPL札幌レールゲート(外観パース)>
20220524daiwa 520x293 - 大和ハウス/6月9・10日、DPL札幌レールゲート現地内覧会

DPL札幌レールゲートは、北海道最大規模となるマルチテナント型物流施設で、JR「札幌駅」の10km圏内に位置しており、道央自動車道「大谷地IC」から1km、JR千歳線「平和駅」から2km(徒歩25分、車5分)、地下鉄東西線「南郷18丁目駅」から2km(徒歩25分、車5分)と、札幌市内だけでなく道内全域へのアクセスが容易。

<貨物駅構内に立地しており、鉄道コンテナ輸送にも対応>
20220524daiwa1 520x347 - 大和ハウス/6月9・10日、DPL札幌レールゲート現地内覧会

札幌貨物ターミナル駅構内に立地しているため、鉄道コンテナ輸送を利用することで全国各地との輸送が可能となり、トラックドライバーの2024年問題への解決策となる。

また、鉄道コンテナ輸送はCO2排出量が営業用トラックの13分の1であるため、テナントのカーボンニュートラルにも大きく貢献することが可能。すでに鉄道を利用している企業だけでなく、今後モーダルシフトを検討する企業にとっても利便性の高い施設となっている。

建屋は1・2階にトラックバースを設け、天候に影響を受けないよう屋内スロープ・中車路式となっている。最大12テナント、約5000m2の区画から入居が可能。

■DPL札幌レールゲート概要
所在地:札幌市白石区流通センター3-227
敷地面積:5万348m2
延床面積:8万6916m2
賃貸面積:7万3045m2
構造:RC造(一部S造)、耐震
階数:3階
竣工:2022年5月
取引態様:仲介
【紹介ページ】

■現場見学会 開催概要
日時:6月9日(木)、10日(金) 各日①10:30~12:00 ②14:00~15:30
内容:施設説明及び内覧、鉄道コンテナ輸送の紹介、各回とも同内容、開場は開始30分前)
会場:DPL札幌レールゲート(北海道札幌市白石区流通センター3-227)
アクセス:道央自動車道「大谷地IC」から1km
JR千歳線「平和駅」から徒歩25分、車5分
地下鉄東西線「南郷18丁目駅」から徒歩25分、車5分

■申し込み方法
下記申込書をダウンロードし、メールかFAXで送信
https://www.daiwahouse.co.jp/business/multitenant/pdf/railgate_202206.pdf

送信先:堀 有里佳
E-mail:m00381720@daiwahouse.jp
FAX:03-5214-2209

■問い合わせ
大和ハウス工業 東京本店建築事業部
TEL:03-5214-2200

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セミナーに関する最新ニュース

最新ニュース