LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

矢崎総業ほか/事故データとデジタコ運行データをAIで分析

2022年05月25日/IT・機器

矢崎総業は5月25日、三井住友海上火災保険と共同開発した運転リスク診断サービス「TRUE SAFE」の提供を同月から運送事業者に提供開始すると発表した。

<運転リスク診断サービス「TRUE SAFE」ロゴ>main 520x124 - 矢崎総業ほか/事故データとデジタコ運行データをAIで分析

<「TRUE SAFE」画面イメージ>sub1 520x281 - 矢崎総業ほか/事故データとデジタコ運行データをAIで分析

同サービスは、事故データとデジタルタコグラフの運行データをAIで分析するというもの。2社が開発したAIには、矢崎総業のグループ会社・矢崎エナジーシステムのデジタコが記録した商用車両等の運転挙動に関するデータ、三井住友海上が蓄積してきた自動車事故や運転リスクに関するデータなどを学習したモデルを使用。従来製品に比べて精度の高い事故発生予測が可能だという。

<実証実験による効果検証>sub2 - 矢崎総業ほか/事故データとデジタコ運行データをAIで分析

2021年9月から2022年2月までの期間中、矢崎総業のデジタコを導入するフジトランスポートの11拠点で、同サービス「TRUE SAFEクローズドリリース版」による事故低減効果の検証を実施。その結果、サービス利用前の前年同期間と比べ、検証期間は運行件数が増加しているにも関わらず事故件数は減少しており、一運行あたりの事故率に換算すると約25%の事故低減効果を確認できた。

矢崎総業と三井住友海上は今後、当該サービスの機能高度化や分析精度向上に加え、車内外を映した動画を活用したAIでの危険検知・予測による安全運転指導サービスの開発を進め、さらなる事故削減を目指すとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース