LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

JLL/大阪物流施設は新規供給が大幅に減少、空室率低下

2022年05月27日/調査・統計

JLLは5月27日、大阪Aグレードオフィス・物流施設の賃貸市場及び不動産の投資動向など、大阪の不動産市場での最新トレンドについてJLLの見解を発表した。

<ロジスティクスプロパティクロック>
20220527jll1 520x428 - JLL/大阪物流施設は新規供給が大幅に減少、空室率低下

<空室率と賃料の推移>
20220527jll2 520x463 - JLL/大阪物流施設は新規供給が大幅に減少、空室率低下

このうち、大阪ロジスティクス賃貸市場では、第1四半期の既存物件に対する新規需要量はEC企業や3PL企業による需要拡大により3万3000m2となった。ただし、火災による物件滅失に伴い5万7000m2の需要が消失したことから、今期の実質的な新規需要量は-2万4000m2となる。

第1四半期の新規供給は1棟5万6000m2であったが、火災による既存物件の滅失のため総賃貸可能面積は前期比ほぼ横ばいとなった。

第1四半期末時点の空室率は1.5%となり、前期比0.4ポイント上昇、前年比では1.4ポイントの低下となった。ベイエリアの空室率は0.7%と前期比0.3ポイント上昇し、内陸エリアの空室率は2.6%と前期比0.5ポイント上昇した。

第1四半期末時点の賃料は月額4064円/坪となり、前期比0.3%、前年比1.5%の上昇となった。新築物件の高水準な賃料が既存物件にも波及しながら上昇が続いている。ベイエリアは前期比0.4%の上昇、内陸エリアは前期から横ばいとなった。

今後の見通しとして、内陸エリアの新名神高速道路沿いは、今期竣工した箕面ロジスティクスセンターに加えて今後も複数の計画が発表されており、開発エリアの拡大が続くとみられる。一方、2022年は新規供給が大幅に減少する予定であることから、空室率は今後低下し、需給のひっ迫を受けて賃料上昇が続くと予想される、としている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース