LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/北陸電力向け次世代石炭船「HOKULINK」と命名

2022年05月30日/IT・機器

PR記事

商船三井は5月30日、運航する北陸電力向け次世代石炭船「HOKULINK(ほくリンク)」の命名式が、大島造船所で同日に行われたと発表した。

<HOKULINK>
20220530mol 520x264 - 商船三井/北陸電力向け次世代石炭船「HOKULINK」と命名

命名式には、北陸電力の松田社長や商船三井の池田会長等の関係者が出席。北陸電力の松田社長によって「HOKULINK」と命名され、無事に支綱切断も行われた。

船名は、北陸電力の地域会員サービス名「ほくリンク」に由来。同船の運航を通じて、北陸地域のつながりを強め、北陸地域がリンクして発展していきたいという思いが込められている。また、北陸地域の顧客やステークホルダーとの連携を強め、事業を発展させていくとの決意も込められている。

同船は、6月14日に竣工後、北陸電力向けの専用船として就航中の「ENERGY PROMETHEUS(エナジープロメテウス)」とともに、同社の石炭火力発電所向け海外炭輸送を担っていく。

同船は、次世代型石炭船「EeneX(イーネックス)」の第2船。ダブルハル構造を採用したことで、貨物ホールドへのバラスト水漲水が不要で、海中への汚水排水リスクの軽減、貨物への塩分・錆などの混入リスクの軽減を図っている。SOxスクラバーも搭載し、環境負荷の低い輸送を実現する。

■「HOKULINK」主要目
全長:234.96m
全幅:38.00m
型深:20.05m
載貨重量:8万9999トン

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース