LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本通運/超低温管理の医薬品向けロジスティクスサービスを開始

2022年05月31日/3PL・物流企業

日本通運は5月31日、超低温度帯(マイナス20℃~マイナス85℃)に対応する医薬品関連産業のロジスティクスサービスを開始したと発表した。

<取り扱い対象品(一例)>
20220531NX1 520x448 - 日本通運/超低温管理の医薬品向けロジスティクスサービスを開始

<利用イメージ>
20220531 1 2 520x448 - 日本通運/超低温管理の医薬品向けロジスティクスサービスを開始

日本通運では、医薬品物流プラットフォームとして、2℃~8℃(冷蔵)、15℃~25℃(定温)の2温度帯の温度管理を提供してきたが、このほどマイナス20℃~マイナス85℃の超低温度帯にも対応できるサービスへと刷新した。

同サービスにより、医薬品の研究開発段階や製剤工程等の超低温保管・輸送が可能となり、医薬品関連の原料、中間体、原薬、完成品など幅広い領域の温度管理に対応するロジスティクスサービスを提供できる。

NXグループでは、「NXグループ経営計画2023~非連続な成長”Dynamic Growth”~」のコア事業の成長戦略における重点施策として、医薬品産業を重点産業と位置付けている。国内外で医薬品適正流通基準(GDP)に基づく品質管理の体制構築と基盤整備を進めており、今後も、高度化・多様化する医薬品の物流ニーズに応えるサービスをグローバルに拡充、展開していくとしている。

■超低温度帯ロジスティクスサービス専用ウェブサイト
https://www.nittsu.co.jp/industries/pharma/low-temperature.html

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース