LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/大阪府八尾市に1.6万m2の物流施設を満床着工

2022年05月06日/物流施設

日本GLPは5月6日、大阪府八尾市で総延床面積が約1万6000m2の先進的物流施設「GLP八尾 II」を着工したと発表した。

<「GLP八尾 II」外観完成イメージ>
20220506glp 520x328 - 日本GLP/大阪府八尾市に1.6万m2の物流施設を満床着工

「GLP八尾 II」は、大阪に本社を構える企業が専用施設として一棟全体を利用する。2023年4月の竣工を予定している。

入居企業は日本GLPの提案力や柔軟な対応力、そして物流施設開発・運営における知見やノウハウを評価し、現在利用している物流施設を「GLP八尾 II」に集約し、オペレーションの一層の効率化を図る。

施設の特徴としては、荷物用エレベーターと垂直搬送機を複数設置することで縦搬送能力を高めるほか、大型シーリングファンや高断熱素材を採用することで就労環境の快適性向上を図っている。エントランスホールやエレベーターホールには、企業が販売する商品などを展示するショーウィンドウを設置する予定。

また、この開発は八尾市内の区画整理事業地内で行われるが、市との協力のもと、隣接道路の安全性を確保するための照明灯を設置する。

BCP対策としては、耐震性能の高いブレース材を採用し地震に対する安全性を確保するほか、浸水や液状化が発生しない地盤への対策を講じ、高い事業継続性を確保している。

「GLP八尾 II」は、東大阪・八尾エリアでは希少な賃貸型先進的物流施設で、大阪外環状線に隣接し、近畿自動車道「八尾IC」より約 5km、西名阪自動車道「藤井寺IC」、第二阪奈道路「水走IC」からそれぞれ約6.5kmと、大阪市内だけでなく奈良や和歌山などの南近畿地域までアクセスが可能で物流施設として優れた立地にある。また、近鉄大阪線「高安駅」、近鉄信貴線「信貴山口駅」「服部川駅」からは徒歩圏内で通勤も便利なことに加え、住宅地が隣接するため雇用確保の面からも好立地と言える。

日本GLPの帖佐 義之社長は、「このたび『GLP八尾 II』が着工前に満床を迎えることができたこと、大変喜ばしく思っている。今回入居する企業は他の地域でも日本GLPの施設を利用され、これまで培ってきた信頼関係や、カスタマーニーズに柔軟に対応するノウハウや提案力を評価いただいたとものと自負している。日本GLPは引き続き、カスタマー企業の物流オペレーションの最適化を図ると同時に、付加価値の高い物流施設を提供していく」と述べている。

■施設概要
施設名:「GLP八尾 II」
所在地:大阪府八尾市郡川1丁目
敷地面積:7700m2
延床積:1万6000m2
構造:地上4階建て、耐震S造
着工:2022年5月
竣工:2023年4月
認証取得:CASBEE(新築)認証、ZEB認証(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース