LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ユーピーアール/TOTOとパレット枚数を識別・カウントを実証実験

2022年06月09日/IT・機器

PR記事

ユーピーアールは6月9日、パレット枚数をスマートフォンで瞬時に識別、カウントする「パレットファインダー」を開発し、住宅設備機器メーカーのTOTOと実証実験を開始すると発表した。

<「パレットファインダー」利用イメージ>
20220609upr 520x341 - ユーピーアール/TOTOとパレット枚数を識別・カウントを実証実験

同社は、TOTOからの「業務改善のため目視でカウントしているパレットの枚数をデータ化したい」という要望から、カメラを活用したこのシステムを開発したもの。本年7月よりTOTOの複数拠点で実証実験を開始し、同年秋頃の本格導入を目指す。

「パレットファインダー」はAI画像処理技術を用い、スマートフォンのカメラでトラックに積載又は床に平積みされているパレットを撮影するだけで、瞬時に“どの色・種類のパレットが何枚あるか”をカウントできるアプリケーション。読み取ったデータは、 外部のクラウドサーバ等へデータ伝送される。

システムを利用することで、パレット枚数カウントの工数削減やデータ管理の簡略化ができ、物流のDX化による業務効率化、負担軽減に貢献可能。

なお、物流業界では、パレットの種類や色、枚数などを目視でカウントし、システムに手動で入力している現場が多く、そのために多大な時間を要しており作業者の負担となっていた。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース