LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎重工/日立物流で混載対応デバンニングロボット実機検証

2022年06月09日/IT・機器

川崎重工は6月8日、同社が開発した、人に代わり荷降ろしを行うデバンニングロボット「Vambo」を用いた実機検証を、千葉県柏市の日立物流柏プラットフォームセンターで開始したと発表した。

<デバンニングロボット「Vambo」>
20220609Kawasaki 520x293 - 川崎重工/日立物流で混載対応デバンニングロボット実機検証

実機検証で使用する「Vambo」は、同社製中型汎用ロボット「RS080N」に無人搬送車(AGV)を組み合わせたパッケージ商品。コンテナ内に自動で進入し、大小さまざまな重量物(ケース)の荷降ろしを行う。

一般的なコンテナには、1台あたり500~1000個のケースが積まれており、従来は人手で搬出していたが、「Vambo」は、新開発の3次元AIビジョンシステムとケース取出しハンドにより、人の手を借りずに1時間に最大600個の荷降ろしが可能。

今回の実機検証では、実際の現場でコンテナからの荷降ろしを行うことで、運転フローの操作性検証、サイクルタイムの実計測、安全装置の動作確認などを行う計画。

物流拠点では、コンテナからの荷降ろしが代表的な重筋作業であり、作業者にとって大きな負担となっていた。「Vambo」を導入することで、荷役作業者の負荷を軽減するとともに、省人化に大きく寄与することが期待されている。

川崎重工は、今後も労働力不足の解消や自動化による作業の効率化といった物流分野の課題を解決するため、同社製ロボットを活用したソリューションを引き続き提供していくとしている。

■実機検証で使用する機種の主要諸元
商品名:Vambo デバンニングロボット
本体寸法:3590㎜(L)x 973㎜(W)x 2374㎜(H)※車載はコンベア含まない
最大走行速度:3.6km/時
最大処理能力:600個/時
対応ケース寸法:最大:650㎜(L)×650㎜(W)x700㎜(H)最小:280㎜(L)x220㎜(W)×140㎜(H)
最大可搬質量:30㎏
ビジョンシステム:K-VStereo+3次元カメラ

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース