モノフル/トラック受付・予約サービスに「複数箇所積み降ろし」

2020年11月16日 

モノフルは11月16日、トラック受付/予約サービス「トラック簿」の新機能として、複数箇所での積み込み、荷降ろし作業を必要とする拠点に向けた「複数箇所積み降ろし」機能の提供を開始した。

<「複数箇所積み降ろし」機能>
複数箇所積み降ろし機能

<各拠点の進捗を一覧で確認できる>
複数箇所積み降ろし

新機能では、ドライバーが拠点ごとに行っていた受付を一度に行うことが可能。

管理者側では、ドライバーの受付情報と各拠点の混雑状況を確認しながら、各拠点を巡る順を割り当て、適切な差配を実現できる。また、ドライバーによる作業の進捗状況を一覧で確認することが可能。作業の状況は色分けして表示されるため進捗が把握しやすく、タスク管理も可能になる。

<新機能を導入したTOTOの千葉物流センター>

新機能を先行して導入したTOTOでは待機時間30分以内の車両が99.3%以上になり、ドライバーのストレス軽減や輸送企業の労働環境改善につながっている。

モノフルは、さらなる業務オペレーションの改善に向けて、すでに「トラック簿」の機能の追加開発に着手しており、今後も現場の課題解決に向けたソリューションの創出を目指し進化を続けていくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集