LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵船/北米西岸の減速航行プログラムで4年連続金賞を受賞

2022年06月13日/CSR

日本郵船は6月13日、米国環境団体ナショナル・マリン・サンクチュアリー・ファウンデーションが運営する北米西岸における船舶の減速航行プログラム「Protecting Blue Whales and Blue Skies」で、4年連続となる金賞を受賞したと発表した。

同プログラムは、大気汚染防止とクジラ保護のため、サンタバーバラ海峡とサンフランシスコ・ベイエリアの指定された海域で船舶の自主的な減速を奨励するもの。2021年5月15日から6か月間、指定された減速海域を10ノット以下で航行した距離を自動船舶識別装置(AIS)で分析した結果、同社の協力姿勢が高く評価された。

<メッセージカードを持つ子どもたち>
20220613NY 520x390 - 日本郵船/北米西岸の減速航行プログラムで4年連続金賞を受賞

<子どもたちによる絵>
20220613NY.1 520x176 - 日本郵船/北米西岸の減速航行プログラムで4年連続金賞を受賞

なお、今回の取り組みに際し、カリフォルニア州の小学生から、鯨やイルカの手書きの絵と共に、感謝のメッセージが記された手紙と写真が届けられた。

同社は、ESGの経営戦略への統合を更に加速させることを掲げた、「NYKグループ ESGストーリー」を2021年2月3日に発表。SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する活動を進めており、今後も海洋環境、生物多様性の保全活動に一層真摯に取り組んでいくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース