LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

佐川GL、パーソルP&T/勤怠管理システムの作業工数管理機能開発

2022年06月23日/IT・機器

佐川グローバルロジスティクス(SGL)とパーソルプロセス&テクノロジー(パーソルP&T)は6月23日、物流業界特有の紙ベースでの工数管理・運用課題を解決するため、パーソルP&Tが提供するクラウド型勤怠管理システム「MITERAS勤怠」の作業工数管理機能を共同で開発したと発表した。

追加機能により、管理者から現場までの勤怠・工数管理の更なるDX化を実現する。

SGLでは急速なビジネスの拡大に伴い、従業員一人あたりの生産性向上を推進するうえで、現場での作業工数管理が課題となっていた。

<「MITERAS勤怠」に作業工数管理機能を新たに追加>
20220623SGguro baru 520x343 - 佐川GL、パーソルP&T/勤怠管理システムの作業工数管理機能開発

こうした中、パーソルP&Tは、2年前から導入していたクラウド型勤怠管理システム「MITERAS勤怠」に、作業工数管理機能を新たに追加し、物流現場でパソコンが使えない環境でも対応できるタブレット機器の導入により、工程表の記入やOCR処理の業務を大幅に簡略化。正確な情報のデータベース化が可能となり、従来の勤怠システムにアドオンすることで、スムーズな移行を実現した。

「MITERAS勤怠」は、社員の勤務状況・勤務コンディションを可視化し、「働き方の実態」を評価・分析する勤怠システム。

リアルタイムでの作業状況を把握し、最適な人員配置を現場スタッフの習熟度に頼らずにできるようにすることで、年間で約11万時間の工数削減により生産性の向上を目指す。

SGLとパーソルP&Tは、今回の取り組みをベースとし、物流業界のDX化により様々な課題を解決していくとしている。

■MITERAS(ミテラス)
https://www.persol-pt.co.jp/miteras/

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース