LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

京セラCS/NEDO公募事業に採択、自動配送ロボット実証へ

2022年06月23日/IT・機器

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は6月23日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募する「革新的ロボット研究開発基盤構築事業/自動配送ロボットによる配送サービスの実現」に採択されたと発表した。

KCCSは同事業において、複数台の自動配送ロボットによる地域内サービスの実証および雪上走行に向けた研究開発を実施する。

KCCSは同実証を通じて、ICT技術と情報通信基盤整備などのノウハウを活かし、地域における物流課題の解決に向けたモビリティサービスの開発を行い、SDGsを見据えた地域社会への貢献を目指すとしている。

■KCCS実証実験概要
公募事業/研究開発項目名称:革新的ロボット研究開発基盤構築事業/自動配送ロボットによる配送サービスの実現
事業者名:京セラコミュニケーションシステム(KCCS)
テーマ:中型中速配送ロボット※を複数台利用する、多様な地域内サービス提供の実証および、雪上走行技術の研究開発
事業期間:2022~2024年度(予定)
実施場所:北海道石狩市、札幌市など
※ミニカー(長さ2.5m以下×幅1.3m×高さ2.0m以下)に準じた大きさ、最高速度15km/hのロボット

■協力先と各社の役割
助成事業者 KCCS:実証に関する企画・管理・調整、無人自走配送ロボットの開発・運用、雪上走行技術のための車体開発
再委託先 北海道大学:雪上走行技術の研究開発/日本総合研究所:配送サービス実現に向けた社会受容性向上の取り組みや、あり方等の分析・検討
協力先 早稲田大学 小野田 弘士教授、石狩市、セコマ、ヤマト運輸:自動配送ロボットによる配送サービス実証および、事前調査・設計、事後評価の支援

■NEDO
https://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100188.html

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース