LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NXアメリカ/北米発アジア向けメキシコ経由の新複合輸送サービス

2022年06月30日/国際

NIPPON EXPRESSホールディングスのグループ会社、NXアメリカは6月30日、米国・カナダからアジア向けに、メキシコを経由する新たなBCP対応複合輸送サービス「US EXPORT SERVICE Via MEXICO」(U.S.E.ME)を開始すると発表した。

<U.S.E.MEサービスルート図>
20220630NXamerika 520x269 - NXアメリカ/北米発アジア向けメキシコ経由の新複合輸送サービス

同サービスは、北米(米国・カナダ)の各地から陸路でメキシコのサンルイスポトシの自社倉庫までトレーラーで輸送し、コンテナへ積み替え、メキシコのマンサニージョ港から日本を含む、アジア各国の港まで海上輸送するBCP対応、複合一貫輸送サービス。

米国西海岸の港湾混雑を回避し、安定したリードタイムによる輸送サービスを提供でき、例えばシカゴから横浜港まで、現状では西海岸経由(鉄道&陸送)で輸送した場合、40~60日程度のリードタイムだったが、37日程度(2022年6月現在、同社輸送実績に基づく)で可能となる。

NXメキシコがHouse Waybillを発行し、発地から着地まで一貫して輸送責任を明確化することで顧客に安心のサービスを提供。

柔軟な集荷対応により、米国・カナダの主要各都市から、顧客の指定日に応じた集荷対応が可能で、主な集荷対象エリアはトロント、ミネアポリス、シカゴ、インディアナポリス、デトロイト、コロンバス、シンシナティ、ナッシュビル、アトランタ、ヒューストンなど。

近年、北米西岸の港湾混雑により本船スケジュールの変更や遅延が発生し、物流に大きな影響が出ている。また、北米西岸労使交渉による港湾ストライキ発生のリスクも懸念され、先行き不透明な状態が続いている。

NXアメリカは、同サービスにより確実な輸送を提供し、メキシコで唯一自社運営倉庫を有する日系企業の強みを生かし、NXグループによる高品質な一貫輸送サービスを提供するとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース