LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NX台湾/半道体ニーズへ、台南倉庫で保税認証取得し空調区画新設

2022年07月11日/国際

NX台湾国際物流は、台湾南部の台南市に所在する日系物流事業者として初となる自社オペレーション倉庫で、今年2月に保税認証を取得し、7月11日に拡大する半導体関連の需要に対応する空調施設を新設したと発表した。

<台南倉庫 外観>
20227011NXtaiwan1 520x352 - NX台湾/半道体ニーズへ、台南倉庫で保税認証取得し空調区画新設

<台南倉庫 内部>
20227011NXtaiwan2 520x351 - NX台湾/半道体ニーズへ、台南倉庫で保税認証取得し空調区画新設

新型コロナウイルスの感染拡大によるリモートワークの急速な普及などで半導体需要が拡大したことや、深刻な車載半導体不足により、世界の主要な半導体供給元である台湾では、半導体関連産業の顧客を中心に工場増設の動きが高まっている。

同倉庫は、世界大手のファウンドリ企業をはじめ半導体関連企業が多数入居する南部科學園区台南園区から約7kmに立地、半導体生産部材や製造装置保守パーツなど高品質な保管環境が求められる商品に対し、温湿度管理下での保管・管理が可能。

また、2月に取得したILC(International Logistics Center:台湾税関が認可した保税倉庫機能を持つ総合物流センター)の保税ライセンスを活用し、非居住者在庫保管、輸出入の拠点としても利用可能となっている。

NXグループは、経営計画において重点産業と位置付ける半導体産業への取り組みを強化するとともに、今後も物流機能をグローバルに拡充し、顧客の事業活動の発展に貢献していくとしている。

■拠点概要
名称:NX台湾国際物流 台南倉庫
Nippon Express (Taiwan).Tainan Warehouse
所在地:台南市永康區永科一路85號
構造:3階建て
延床面積:1万1800m2/うち空調エリア:現在3900m2(2022年末までに9285m2に拡張予定)
主要設備・機能:高床プラットフォーム、24時間365日警備、監視カメラ、保税、空調機能
業務内容:入庫・検品・仕分・パレタイズ・保管・出庫

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース