LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱ケミカルグループ/キレート剤を価格改定、物流費上昇も影響

2022年07月15日/生産

三菱ケミカルグループは7月15日、キレート剤(エチレンジアミン四酢酸(EDTA)・ジエチレントリアミン五酢酸(DTPA))について、7月18日出荷分より価格改定を実施することとし、各需要家と交渉に入ったと発表した。

キレート剤は国内の洗剤や肥料向けの需要が堅調に推移し、海外では水処理用途を中心に需要が伸張している。一方、供給面では、足元の原油価格上昇に伴い直近の国産ナフサ価格は8万円/KLを超えるレベルで推移している。

これを受けてEDA・苛性ソーダ・ホルマリンなどのキレート剤の原料価格が大幅に上昇。加えて梱包材料、物流費等の諸経費の上昇、近年の働き方改革や設備安全への要求の高まりから製造コストは上昇しており、採算が悪化している。

同社グループは生産の効率化などによるコスト低減努力を続けているが、現在の原料価格の上昇は自助努力で吸収できる範囲を超えており、このコスト上昇分を価格に転嫁せざるを得ないと判断し、価格改定を実施することにしたもの。

■概要
価格改定品目と改定幅
EDTA類:
 国内 100円/KG以上
 輸出 740ドル/トン以上
DTPA類:
 国内 180円/KG以上
 輸出 1300ドル/トン以上
実施時期:2022年7月18日出荷分より

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース