LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

パナソニック/凍結未然防止機能付き保冷ボックス提供を開始

2022年07月19日/IT・機器

パナソニックは7月19日、厳格な温度管理が必要となる医薬品輸送などの用途で、保冷剤の温度管理を可視化し、収納品の凍結トラブルを未然に防ぐ機能を備えた保冷ボックス「VIXELL Anti Freeze(ビクセル・アンチフリーズ)」を提供開始したと発表した。

<医薬品向け保冷ボックス VIXELL Anti Freeze>
20220719Panasonic1 520x245 - パナソニック/凍結未然防止機能付き保冷ボックス提供を開始

20220719Panasonic2 520x347 - パナソニック/凍結未然防止機能付き保冷ボックス提供を開始

医薬品の流通では、輸送時に厳格な温度管理(2~8℃管理)が求められるケースが多く、温度調節された保冷剤を医薬品とともに保冷ボックス内へ収納し、温度を保つのが一般的だが、保冷剤の温度調節はオペレータの手作業に依存する部分が多く、作業現場の温度変化などの影響により医薬品が凍結してしまうトラブルが発生している。

凍結未然防止機能付き保冷ボックス「VIXELL Anti Freeze」は、温度センサー付きRFIDタグを備えた保冷剤と、真空断熱保冷ボックスVIXELLで構成され、保冷ボックスを検査台に乗せるだけで、ボックスへセットされた全ての保冷剤の温度情報から、輸送中の凍結リスクを判定できる。これにより輸送中の医薬品凍結を未然に防ぐことができ、医薬品の廃棄ロス削減に貢献する。

なお凍結リスクの判定は、VIXELLの主断熱部である真空断熱筐体(VIC)の断熱性能検査システムへ組み込まれており、保冷品質の担保に必要な保冷ボックスと保冷剤のコンディションを同時に作業現場で確認することができる。

<判定結果はクラウドサーバーに保存>
20220719Panasonic3 520x313 - パナソニック/凍結未然防止機能付き保冷ボックス提供を開始

また、判定結果はクラウドサーバーに保存され、保冷ボックスの検査日時や稼働状態をウェブ上で確認できるため、保冷ボックスの効率的な運用にもつながる。

同社は今後も、通信用電波が透過する真空断熱保冷ボックス「VIXELL」の特性を生かし、保冷ボックスとデジタル技術を組み合わせたサービスを提供し、厳格な温度管理が必要となる物流現場への貢献を拡大していくとしている。

■VIXELL Anti Freeze
https://www.panasonic.com/jp/business/vixell/

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース