高速道通行止め/大雨での九州・中国地方の通行止め見込み発表

2020年07月07日 

西日本高速道路(NEXCO西日本)は7月7日、大雨により今後通行止めが予想される高速道路の区間を地図で発表した。

< 現在の通行止め状況及び今後24時間の通行止め可能性区間(7/7 10時00分降雨予測)>
現在の通行止め状況及び今後24時間の通行止め可能性区間(7/7 10時00分降雨予測)

それによると、現在、九州自動車道や山陽自動車道をはじめとする高速道路で雨による通行止めを行っている。また、3日からの大雨の影響により地盤が緩んでいることが考えられ、さらに、今後引き続き広い範囲で数日間にわたり大雨が予測されており、通行止め区間が増える可能性があるとしている。

地図上の黒の部分が7月7日現在、通行止め実施中。赤が7月7日11時から17時の間に通行止め開始見込み、黄色が7月7日17時から23時の間に通行止め開始見込み、緑色が7月7日23時から翌5時までに通行止め開始見込み、青色が7月8日5時から11時まで通行止めの開始見込みとしている。

また、7月2日に発表していた「長崎自動車道4車線での通行確保について」について、大雨の影響に伴い7日午後より当該区間を含む通行止めが予測されているため、7日午後に予定している4車線確保は延期する。

最新ニュース

物流用語集