LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

横浜ゴム/インド新工場でオフハイウェイタイヤの生産開始

2022年08月18日/生産

横浜ゴムは8月18日、農業機械用タイヤなどオフハイウェイタイヤ(OHT)の生産をインドで建設を進めてきたVisakhapatnam(ヴィシャカパトナム)工場(アンドラプラデシュ州)で開始したと発表した。

<ヴィシャカパトナム工場>
20220818yokohamagomu 520x244 - 横浜ゴム/インド新工場でオフハイウェイタイヤの生産開始

工場は、生産販売子会社であるYokohama Off-Highway Tires(YOHT)が生産能力向上のため建設したものだが、当初2023年第1四半期から開所する予定だったが、世界的な需要増に迅速に対応するため前倒しで生産を開始したもの。

YOHTは現在、インドにDahej(ダヘジ)工場(グジャラート州)と Tirunelveli(ティルネルヴェリ)工場(タミル・ナドゥ州)を有し、主力ブランドであるALLIANCE(アライアンス)、GALAXY(ギャラクシー)、PRIMEX(プライメクス)の農業機械、建設車両、産業車両、林業機械用タイヤなどを生産販売している。

YOHTは市場の成長率を大きく上回る成長を続けており、これに対応するためダヘジ工場の生産能力を1.6倍に引き上げる拡張に加え、2020年第3四半期からヴィシャカパトナム工場の建設を進めてきた。新工場の年間生産能力は第1期が日量69トン(ゴム量)、第2期増強分を加えて日量132トン(ゴム量)を計画しており、第2期の生産開始は2024年第1四半期を予定している。また、将来のさらなる能力増強も視野に入れている。

■ヴィシャカパトナム工場の概要
会社名:ATC Tires AP Pvt. Ltd.
所在地:インド Atchutapuram(アチュタプラム)工業団地(アンドラプラデシュ州ヴィシャカパトナム)
事業内容:オフハイウェイタイヤの生産・販売
生産品目:「ALLIANCE」「GALAXY」「PRIMEX」ブランドタイヤ
生産能力:日量132トン(ゴム量)※第2期増強分を含む。当初計画から9トン増加。
敷地面積:約39万m2

関連記事

生産に関する最新ニュース

最新ニュース