LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ZOZO研究所/拠点間輸送を最小化する在庫配置研究が学会で受賞

2022年09月14日/IT・機器

ZOZO NEXTは9月14日、同社の研究開発組織「ZOZO研究所」が研究をおこなった「物流倉庫拡張後の拠点間輸送を最小化する在庫配置」が、オペレーションズ・リサーチ学会で第42回事例研究賞を受賞したと発表した。

<オペレーションズ・リサーチ学会で第42回事例研究賞を受賞>
20220914zozo 520x293 - ZOZO研究所/拠点間輸送を最小化する在庫配置研究が学会で受賞

同研究は同所リードである千代竜佑が、2020年3月〜6月にかけて実施した同社内のプロジェクトについて、2021年9月に同学会、秋季研究発表会内で開催された企業事例交流会で研究発表したもの。

ZOZOグループの4か所目の物流倉庫である、ZOZOBASEつくば2の稼働開始に向けて、出店ショップの在庫納入先を稼働中の倉庫から新倉庫に変更し、充填率を平準化し拠点間輸送を最小化する在庫配置をおこなうための課題を数理最適化してモデル化することで、実務での意思決定に活用した。

今回受賞した「事例研究賞」は、オペレーションズ・リサーチの優れた事例研究に対して贈られる賞。同研究は、同社の物流拠点新設にあたり、高度な技術を用いなくてもインパクトの大きな意思決定にオペレーションズ・リサーチを活用できることがわかる事例だ。さらに、運用面における工夫も評価され、数理最適化を複雑な業務全体の中の適切に活用することの重要性が、多くの実務家の参考となる事例研究として選ばれた。

■対象研究「物流倉庫拡張後の拠点間輸送を最小化する在庫配置」
(オペレーションズ・リサーチ学会 2021 秋季研究発表会アブストラクト集)
https://orsj.org/nc2021f/wp-content/uploads/sites/2/2021/09/2021f-1-E-7.pdf

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース